まずは自信をつける第一歩【英会話教室でTOEIC対策】

力がすぐに身につく英語スクール

役立つ

近年は学生ばかりではなく、社会人も英語を勉強する機会が多くなりました。昇進にTOEICが600必要だとか、英語が社内の公用語になtTOEIC対策になっている会社なども多くなっています。そこでTOEIC対策を必要とする人が多くなりました。ここでは少しそれを紹介したいと思います。リーディングに関しては、単語は3000語程度あれば、十分です。また、文法についても大学受験レベルまで必要ではありません。高校レベルできちんと読むことができます。ただし、制限時間内に読み終えるわけではありません。読む文書量が非常に多いので、早く読む訓練が必要なのです。この訓練には Graded Readers を使うことをお勧めします。使う単語が制限されていて、非常に読みやすい読み物になっています。

TOEIC対策を望む人は、社会人や大学生が非常に多いです。前者に関しては、第一段落でも少し触れたように、会社の昇進や業務上必要があるからです。また、後者に関しては、就活を有利にするためです。TOEICは日本では英語力を指し示す指標として広く認知されています。そのため、将来的な就活を考えてTOEIC対策をする大学生が非常に多くなっています。大学受験を終えたばかりの大学生であれば、英語はまだ比較的身近なものです。大学でも専攻内容によっては英語を使う人もいるので、そういう意味では、大学生が有利です。一方、社会人の場合は英語の勉強から遠ざかっている人が多いので、英語をやり直す必要もあり、感覚も忘れているので不利です。しかし、やり直し英語の教材が今は豊富にあるので、それを取ってしっかり勉強すれば大丈夫です。

Copyright(c) 2015 まずは自信をつける第一歩【英会話教室でTOEIC対策】. All Rights Reserved.