まずは自信をつける第一歩【英会話教室でTOEIC対策】

力がすぐに身につく英語スクール
  • 恥ずかしこと

    英会話をマスターするためには、発音を正しく行なうことが重要です。特に日本人は他の言語と比較しても独特の発音になっているため、英語の発音は恥ずかしいと感じている人が多いのですが、それでは相手に伝わらないのです。

    ▶もっと読む

  • 役立つ

    TOEIC対策をすることによって、本番でしっかり結果を残すことができます。TOEICを取得しておくと、社会で役立つことがたくさんあります。また、面接の時には自分の実績として履歴書にTOEICを記載できるのです。

    ▶もっと読む

  • 選ぶときに

    英会話スクールにはいつかタイプがあり、どのタイプのスクールに通うか悩んでいる人も多いでしょう。そこで、それぞれの英会話スクールのタイプについて学んでおくと良いのです。

    ▶もっと読む

  • 活用するには

    英会話を学ぶためには、インターネットを活用することも1つの方法なのです。インターネットを活用するとは、オンライン上で英会話ができる方法なのです。どのような方法なのかこのページで詳しく紹介します。

    ▶もっと読む

自信をつけること

自信がないかできない

中学生の時から英語を勉強している。でも英会話が出来ない。それはどうしてだろう。日本人はもともとシャイであると言われている。例えば、日本語の発音にない「R」や「L」の発音をする時、多くの人はカタカナ読みにしがちである。舌を巻いて発音するのはなんだか恥ずかしいようである。そんなことをしていては英会話なんて出来るわけがない。英会話ができるようになるには、まずは恥じらいを捨てよう。「失敗は成功のもと」とあるが、まさにその通り。文法に自信がなくても、発音に自信がなくても、まずはやってみる。しかし、現実は頭ではわかっていてもなかなかできないものである。だから多くの人が英会話を諦めてしまうのである。そして海外へ行っては後悔するのであろう。

まずは自信をつける第一歩

では、どうすればいいのか。諦めずに、地道に英会話を練習をするのか。そんなことができていれば、今頃ペラペラになっているだろう。1、まずは身近なものから目につくものを英語で言ってみる。例えば部屋を見渡して、「table, chair, sofa, bed, computer」この時のポイントは、恥じらいを捨てて大きな声でなりきって発音する。それに慣れてきたら、今度は短い文を言う。「This is a table, She is my mother」とにかく楽しく、深く考えない。文法や発音を間違えても、気にしない。2、好きな洋楽を極めるまずは一曲好きな歌をチョイスする。出来ればゆっくり目のものがいい。歌詞を見ないでなんとなく聞く。短いフレーズでもいいので、少しずつ口ずさんでみる。それを続けて、聞き慣れてきたら歌詞を見る。歌詞の内容は気にしないで、とにかく歌ってみる。一曲コピーできたら、何だか英語が出来るようになった気がする。英会話は、まずは英語を嫌いにならないところから始まる。まずは何でもいいから自分から英語に近づいてみるのである。そして、自分の好きなところから少しずつ幅を広げていけばいい。

  • 知るべき

    英会話を学ぶときには、本場の英語を使う人とコミュニケーションを取ることが重要なのです。また、どんな風にコミュニケーションを取ると良いのか、英会話をマスターしたい人向けに紹介します。

    ▶もっと読む

  • 学べる教室選び

    仕事の為、試験の為、旅行の為、英会話教室へ通いたい理由は人それぞれです。だからこそ、目的に合った教室かどうか、まずは体験レッスンを受けておきたいところです。慎重に教室を探して、しっかり学べるところを見つけましょう。

    ▶もっと読む

Copyright(c) 2015 まずは自信をつける第一歩【英会話教室でTOEIC対策】. All Rights Reserved.